3次元メモ帳の歴史

3次元メモ帳の歴史

個人再生がおすすめできる人は?

個人再生は、だれでもできるわけではありません。借金が返済不能になる可能性がある人でなければなりません。
さらに、任意整理のほうがメリットが大きいため、任意整理で解決ができるならそちらのほうがよいでしょう。個人再生では、100万円以下の借金はいっさい減額できません。また、弁護士費用も高額になるので、借金がそれなりに大きくなければメリットがないでしょう。300万円以上の借金がある人が、個人再生をする傾向があるようです。自己破産では借金をゼロにできるのに、個人再生を選ぶメリットとはなんでしょうか?自己破産をすると資産がすべて失われるのがデメリットになります。失いたくない資産を持っている人には、個人再生のほうがおすすめができます
抵当権がついているローンについては、高い確率で抵当権が実行されてしまいます。しかし、住宅ローンだけは例外であり、住宅ローンをいっさい減額しないかわりに、マイホームを残すことができます。
マイホームを残したい人にもおすすめできる手続きです。自己破産をすると、弁護士や司法書士、警備員など、一定の職業に就いている人には制限がかかります。職業制限を避けたいという人にも、個人再生はおすすめできます。
借金してまで家が欲しいか? 3.11に1900万円の借金をした家モチ女子は…
東京で家モチ女子になる」という無謀な企てを実現しようとして身に起きた出来事を、洗いざらい綴ってきたこの連載。いよいよ今回は、土地購入のために1900万、もろもろも含めて計4100万円という巨額の融資を受けることに。借金してまで家が欲しいのか? その疑問に関する (続きを読む)