3次元メモ帳の歴史

3次元メモ帳の歴史

弁護士事務所に行って弁護士と相談をして自己破産をすることにした

私は若い頃からギャンブルが好きでパチンコや競馬を楽しんでいたのですが、仕事をしていて嫌なことが多くなってからそれをする回数が極端に増えて行きました。その後賭け金もどんどん増えていったこともありお金が足りなくなったので複数の消費者金融から借金をするようになり、最後には借金を返済するために借金をすると言う悪循環に陥ってしまいました。そして最終的には借金を返済することが出来なくなったのでこれは不味いと思って弁護士事務所に行って弁護士に借金の相談をしました
その時に弁護士に言われたことが債務整理をしなければどうしようもないと言うことだったのですが、私もこのままでは首を吊るしかないと本気で考えていたので弁護士の言う通りにすることにしました。債務整理にも任意整理とか色々な方法があることが分かったのですが、私の今の状況を考えると最早自己破産をするしかないと考えるようになりました。
私はそれまで自己破産をしたら人生が終わるとネガティブに考えていたのですが、弁護士事務所に行って弁護士に話しを聞いていくうちにその考えが変わって行きました。そして人生をやり直すために自己破産をするのだとポジティブに考えるようになり、あまり悲観的にならずに自己破産をすることにしました。そのおかげで今はあの当時と比べて精神的に余裕が出てきたので、あの時自己破産を選択して良かったと思っています

小出恵介スキャンダルの「いやはや何とも」な経緯と投げかけた問題点 - Yahoo!ニュース 個人
Yahoo!ニュース 個人小出恵介スキャンダルの「いやはや何とも」な経緯と投げかけた問題点Yahoo!ニュース 個人一連の経緯を見ると疑問が尽きないのだが、ここで整理しておこう。 ... もし事務所側がそれほど多額のお金を払ったとしたら、当時、警察も条例違反、つまり「淫行」容疑で任意の事情聴取を行っていたから、それを事件にならないよう収めるためのお金ということなのだろう。(続きを読む)